TOP

ソフトバンクが「プラチナバンド」を獲得

プラチナバンド

電波が弱いイメージがあったソフトバンクですが、通話・通信の品質が格段に上がることが予想されています。

「プラチナバンド」とは総務省からソフトバンクへ新たに割り当てられた電波帯域のことで、建物などの障害物を迂回して伝わる性質を持ち、価値の高い帯域(バンド)という意味でプラチナバンドと呼ばれています。

2013年3月の第三者機関の調査では、
3大キャリアの中でソフトバンクがスマホ通話接続率No.1を獲得しています。

プラチナバンドとは?なぜつながりやすいのか

携帯無線通信に適しているとされる900MHz帯の周波数を活用することで電波状況を改善し、よりつながりやすい通信サービスの実現ができます。

900MHz帯の利用により、電波が良くなる2つのポイント

電波が良くなる2つのポイント

『お得にのりかえできるオススメサイト!』

おとくケータイ.net
知名度、人気もダントツ!テレビでも紹介されていて、安心して利用できます。

ソフトバンクの電波に関する記事

スマートフォンの通話に関する記事

ソフトバンクの通話料に関する記事

スマートフォントとは

スマートフォンはパソコンと携帯電話の合わさったものというイメージに近いかもしれません。主に小型のパソコンと同様に使うのですが、携帯電話でもあります。従来の携帯電話と比べてスマートフォンの通話の品質はどうなのかという疑問があるひともいます。スマートフォンの通話品質は機種によって変わるかというとそこまで変わるわけではありません。むしろキャリアによって通話品質が変わってくることがあります。

それは電波の状況がキャリアによって違ってくるからです。そのため、スマートフォンに機種変更するときに通話品質が気になる人もいるでしょうが、そこまで気にすることではないように思います。通信エリアなどの広さによって変わってくるので、従来の携帯で特に問題がないようでしたら、スマートフォンにしても問題なく通話できると考えていいでしょう。通話品質よりも、スマートフォンは携帯電話よりも少し短めのサイズになっているので、耳に当てた時に少し違和感を感じることのほうが大きいかもしれません。


このページの先頭へ

スマートフォン通話ネット