プラチナバンドとは|対応機種・エリア・乗り換えサービス

プラチナバンド

電波が弱いイメージがあったソフトバンクですが、通話・通信の品質が格段に上がることが期待されています。

「プラチナバンド」とは総務省からソフトバンクへ新たに割り当てられた電波帯域のことで、建物などの障害物を迂回して伝わる性質を持ち、価値の高い帯域(バンド)という意味でプラチナバンドと呼ばれています。

2013年3月の第三者機関の調査では、
3大キャリアの中でソフトバンクがスマホ通話接続率No.1を獲得しています。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

スマートフォン通話ネット