スマートフォンの爆破的普及

スマートフォンの爆発的な普及にともない、各携帯電話会社も凌ぎを削っています。

ユーザー側の見る目も厳しいものになってきており、携帯電話そのものの機能に関しての知識も深まり、また携帯会社の通信状況、通信速度なども気にするようになってきました。

スマートフォンは総じて電波が悪いという認識がいまだにありますが、スマートフォン自体の動作に対して不満を抱えるユーザーも多く、動作が鈍いということをそのまま通信速度が遅いと勘違いしている方も多くいらっしゃいます。

確かに理由の一つではあります。

例えばSNSのアプリケーション等は当然裏で通信を行うわけですから、その通信がうまくかなくては成り立たないアプリケーションです。

電波の悪いところでは動作が鈍くなったり、正常に動作しなかったりするのは当然です。

ただ、その上でスマートフォンのタッチパネルの反応の悪さだったり、OSの処理能力の限界が加味されるので一般ユーザーはそれらすべてを通信状態の悪さと勘違いするのは無理もないことです。

ユーザーの一般的な見解として、ソフトバンクは電波が弱いという認識があります。

確かにこれまでのソフトバンクは場所によって極端に電波が弱く、すぐに圏外になってしまったり通話中に途切れてしまうという話は良く聞きます。

しかし、この一般的な見解は覆るかもしれません。

そもそもドコモやAUなどの主要な携帯電話会社を見ても、実際にはどの会社も繋がり難い場所などは存在しますし、通信障害等の報告も各社共にあるのが事実です。

ソフトバンクとしても自社が電波が弱いという弱点を持っていることは自覚していましたが、2012年7月にプラチナバンドと言われる通信帯域を総務省から割り当てられたのです。

このことにより電波の強さ弱さという部分ではドコモ、AUと肩を並べる、あるいはそれを凌ぐ可能性が出てきたのです。

「おとくケータイ.net」のキャンペーンを利用すればお得に乗り換えできる

おとくケータイ.netはソフトバンクモバイル代理店の訪問販売部門の中で何度もお客様満足度No.1に公式認定されている優良代理店の一つです。

千葉テレビ「ナイツのHIT商品会議室」などでサービスが内容が特集されるなど認知度も高く安心して利用できるネット型販売店の代表格です。

『おとくケータイ.net』公式HPへ

おとくケータイ.netの解説・実体験へ

【テレビでも紹介された有名販売店】

HIT商品会議室

おとくケータイ.netは千葉テレビ「ナイツのHIT商品開発室」で4週にわたり番組プロデュース&ブランディングの企画で取り上げられています。

ネットから携帯・スマホを購入するというサービスはまだまだ有名ではないので、中には「怪しいサービスじゃないの?」と不安を感じる方もいると思いますが、調べてみると利用者もかなり多く、テレビ番組にもとりあげられるほど企業としてしっかりした運営をしていて、スタッフさんの対応なんかもしっかりしていました。

【キャッシュバック金額と条件/営業所】

キャッシュバック金額(条件で変動) ¥20,000~¥70,000
キャッシュバック時期/方法 翌々月(2ヶ月後)/口座振込+商品券
条件となるオプション合計
(内容)
合計 ¥1,877~¥2,375
(通話割引、基本パック、安心保障、指定サービス)
オプションが解約できるタイミング 翌月(1ヵ月後)
翌月解約してもキャッシュバックOK
公式キャンペーンとの併用 可能

※金額や内容は地域、時期、機種などの条件により多少変わります。必ずご自身で確認を!

エリア 北海道 甲信越 東北 関東 東海 近畿 九州
営業所
所在地
札幌 新潟
山梨
仙台
秋田
山形
福島
東京 鈴鹿 大阪 福岡
佐世保
宮崎
鹿児島

後々の為に問い合わせフォームから確認しておきたいポイント【コピペしてもOKです】

現在、乗り換えを検討しています。
お手数ですが、下記の件について教えて頂けますか。
・キャッシュバック金額を教えてもらえますか。又、どのような形で受け取れますか。
・好条件の機種があれば教えていただきたいです。
・キャッシュバックに条件などがあれば教えてもらえますか。
・条件にオプション加入などあれば、いつ頃解約可能でしょうか。
・キャッシュバック金額が振り込まれる時期はいつ頃でしょうか。
・公式キャンペーンとの併用は可能でしょうか。
質問ばかりで申し訳ありませんが、何卒宜しくお願い致します。

上のポイントをメールでやりとりしていれば、後々「聞いてた内容と違った!」なんて事にならないと思います。コピペしてそのまま問い合わせフォームにはりつけてもらっても構いませんので、念のためにフォームからの問い合わせをおすすめします。

『おとくケータイ.net』公式HPへ

おとくケータイ.netの解説・実体験へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

スマートフォン通話ネット