ソフトバンクの電波が弱かった理由

ドコモやAUに比べてソフトバンクの電波が弱いという評判は一般的になっていますね。実際にユーザーの声として多く上がってきている話題なので間違いはないでしょう。

多くの方がすでにご存知かもしれませんが、この理由は携帯会社が使用している周波数に理由があります。

例えばドコモが使用している電波の周波数は2Ghzと800Mhzとされています。

この2Ghzという周波数は通信速度が速くビル等の遮断物に弱いという特性があります。

しかし800Mzという周波数は遮断物に強いという特性があります。

両者を使うことで電波の速さと強さを使い分けることが出来るのです。

ところがソフトバンクは2Ghzしか使用していません。

通信速度に定評がある2Ghzですが、遮断物に弱いという特性があるため、ビルの地下等に潜ってしまうと電波が届かないということになります。

山の中やビルの中に入ってしまうとソフトバンクの携帯は電波が弱くなったり圏外になってしまうことが多いという声はこういう理由があったのです。

スマートフォンの普及により、携帯買い替えを検討するユーザーは多いと思いますが、ソフトバンク携帯は避けた方が良いのでしょうか?

いえ、そういうわけでもなさそうです。

2012年7月からソフトバンクモバイル社に対してプラチナバンドと呼ばれる900Mhzの通信帯域が割り当てられたのです。

したがってこれからはソフトバンクの電波の悪さは飛躍的に改善していくことが予想されます。

電波が強くなれば、機能的に優れているあの話題のスマホ携帯を選択するユーザーも多くなっていくでしょう。

「おとくケータイ.net」のキャンペーンを利用すればお得に乗り換えできる

おとくケータイ.netはソフトバンクモバイル代理店の訪問販売部門の中で何度もお客様満足度No.1に公式認定されている優良代理店の一つです。

千葉テレビ「ナイツのHIT商品会議室」などでサービスが内容が特集されるなど認知度も高く安心して利用できるネット型販売店の代表格です。

『おとくケータイ.net』公式HPへ

おとくケータイ.netの解説・実体験へ

【テレビでも紹介された有名販売店】

HIT商品会議室

おとくケータイ.netは千葉テレビ「ナイツのHIT商品開発室」で4週にわたり番組プロデュース&ブランディングの企画で取り上げられています。

ネットから携帯・スマホを購入するというサービスはまだまだ有名ではないので、中には「怪しいサービスじゃないの?」と不安を感じる方もいると思いますが、調べてみると利用者もかなり多く、テレビ番組にもとりあげられるほど企業としてしっかりした運営をしていて、スタッフさんの対応なんかもしっかりしていました。

【キャッシュバック金額と条件/営業所】

キャッシュバック金額(条件で変動) ¥20,000~¥70,000
キャッシュバック時期/方法 翌々月(2ヶ月後)/口座振込+商品券
条件となるオプション合計
(内容)
合計 ¥1,877~¥2,375
(通話割引、基本パック、安心保障、指定サービス)
オプションが解約できるタイミング 翌月(1ヵ月後)
翌月解約してもキャッシュバックOK
公式キャンペーンとの併用 可能

※金額や内容は地域、時期、機種などの条件により多少変わります。必ずご自身で確認を!

エリア 北海道 甲信越 東北 関東 東海 近畿 九州
営業所
所在地
札幌 新潟
山梨
仙台
秋田
山形
福島
東京 鈴鹿 大阪 福岡
佐世保
宮崎
鹿児島

後々の為に問い合わせフォームから確認しておきたいポイント【コピペしてもOKです】

現在、乗り換えを検討しています。
お手数ですが、下記の件について教えて頂けますか。
・キャッシュバック金額を教えてもらえますか。又、どのような形で受け取れますか。
・好条件の機種があれば教えていただきたいです。
・キャッシュバックに条件などがあれば教えてもらえますか。
・条件にオプション加入などあれば、いつ頃解約可能でしょうか。
・キャッシュバック金額が振り込まれる時期はいつ頃でしょうか。
・公式キャンペーンとの併用は可能でしょうか。
質問ばかりで申し訳ありませんが、何卒宜しくお願い致します。

上のポイントをメールでやりとりしていれば、後々「聞いてた内容と違った!」なんて事にならないと思います。コピペしてそのまま問い合わせフォームにはりつけてもらっても構いませんので、念のためにフォームからの問い合わせをおすすめします。

『おとくケータイ.net』公式HPへ

おとくケータイ.netの解説・実体験へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

スマートフォン通話ネット